歯に関わる怪我や種類ってどんなのがあるのだろう

人間の暮らしは簡単に表すと「衣住食」です。
読んで字のごとく、人間は何かを食べないと生きることが出来ません。
食べるときに一番大事なのは、やはり「歯」です。
「歯」がないとそもそも食べることすらできません。
そんな大事な役割を担っている「歯」だからこそ、毎日歯を磨いたりしてケアをして、丈夫な歯にしようと心掛けますよね。

でも、人生のうち、歯医者に行く機会ってそんなにないと思います。
虫歯やどこか調子が悪くなったりでもしない限り歯医者にはいきませんよね。
筆者も、歯医者にはあまり行ったことがありません。

でもやはり、「もし虫歯にでもなったら…」「もしどこか痛くなったりしたら…」と脳裏を過ぎることはあります。

「歯」についての症状ってあまり知られていません。
「虫歯」しか知らない人も少なくはありませんし、むしろこれが当たり前だと思っていました。
しかし、最近の歯医者は治療だけでなく、歯を綺麗にする。ケアをする所が増えてきています。
例えば、強力な漂白剤を使って歯を真っ白にする「ホワイトプランニング」や、入れ歯の代わりに、体に馴染むようセラミックを使った人工歯根を使った「インプラント」を専門にしている歯医者も多いです。
この言葉は聞いたことがある人も多いでしょう。
しかし、歯医者って治療にかかる費用相場が高そうなイメージを持つ人は多いですよね。

このサイトでは、歯に関わる怪我や病気について学び、その上で治療にかかる費用相場をおさらいし、正しい歯医者の選び方について教えていきたいと思います。
またこんな歯医者は要注意という点も挙げていきたいと思います。